趣味2

長続きした趣味に、ボイストレーニングがある。2年くらいか。

 

ある時、カラオケに夢中になり、上達のため教室にかよい始めた。

最初は、二週間に1時間の練習。

だが、それだけでは物足りなくなった。

 

そこで、教室をもう一つ増やした。

週に1時間、二つの教室に通った。

もちろん、カラオケでの練習も欠かさない。店員さんにも覚えてもらえた。

 

でも飽きた。理由もなく飽きてしまった。こればかりは仕方ない。

 

けれど、最高の時間だった。

没頭してるときの感覚、あれほど気持ちの良いものはない。

周りが見えなくて、一心不乱に前へ進んで行く。

あれは良いものだ。