先が思いやられる

ブログの画面が眩しいな。プレビューじゃなくて、記事を書く画面が。

 

今日は9時に起きたけど、午前中の気だるさが酷かった。ぼーっとPCを眺めてるだけで、何もしてなかったな。部屋の掃除くらいか。

食器棚を掃除したな。

 

肝心のプログラミングはというと、

1時間40分しかやってない。教則本も手を付けてないな。

YouTubeは、

4時間...これはひどい

 

朝のスタートを何とかしたい。午前中に行動したい。起きてすぐにウォーキングをしよう。

今週のお題

今週のお題「ちょっとコワい話」

 

怖い話...先日、家にゴキブリが出たな。

 

熱湯をかけて退治したよ。暴れることなく、一瞬だった。床もきれいになったし。

ただ、一つ気になることがある。侵入経路が分からない。

 

最初に外から飛んできて、ベランダの窓に止まったんだ。外だし大丈夫だろうと高をくくっていた。

窓も閉めてる、エアコンのドレンホースにもネットを掛け侵入できないようにしてる。

完璧だと。

一分もしない内に侵入されたね。

 

後から、隙間がないか確認したがやはり分からない。侵入の瞬間を見てなかったのが良くないな。

 

 とりあえず、これを買った。使ってからは来てないが、効果があるかはわからない。

ああ、あの姿がフラッシュバックして苦しめられる。

台風

朝からずっと雨か。

雨が吹きぶるから窓が開けられない。部屋は暑くなるけど、外は涼しいからエアコンは使いたくないという変な意地。

 

前回のブログで書いたポモドーロ法、お気に入りです。一度起動すれば、余計な誘惑にも勝てる。

ケータイの画面を付けたままにして、見えるところに置いておく。制限時間があると集中するんだな。

 

プログラミングに集中するために仕事を辞めた。

睡眠時間が多くなったのが嬉しい。

 

感想

しばらくの間、ポモドーロ法を使って勉強してみた。

結果は、集中できてとても良い。

 

25分勉強、5分休憩。このローテションがちょうど良い。

勉強してると25分が短く感じ、5分の休憩が長くかんじられる。

集中したい時は、良い手段だ。

 

問題は始めるまでが長い。0を1にするのが大変。

なので、これの解決法も見つけてきた。

それは「小さな目標を設定する」だ。

0を0.1にするのだ。

 

今の状況に当てはまるなら、「ポモドーロのアプリを起動する」だけでいい。

初動さえ達成できれば、あとは勢いで進んで行けるはず...

 

 

 

圧力

今週も、プログラミングをやった記憶が全くない。

とりあえず、壁に張った目標たちを剥がそう。無駄だわ。

 

そして、新しく導入したのが、

「ポモドーロ法」だ。

時間管理の方法のひとつで、具体的には

25分作業して、5分休憩。

これを繰り返す。

 

人間の集中力が継続する時間と、うまく噛み合ってるらしく

効率が良くなるんだと。

 

検索するとアプリも見つかったし、試してみよう。

勇気

やらなきゃいけないことがる、でもやる気がない。

こういう時は、少しでも手を付けることから始めるといい。

 

本を読むなら、最初の一行だけ。文章を書くなら、一言だけでも書いてみる。

すると、徐々に流れに乗り始めるというものだ。

 

理解はできてるし、実践して効果があったことも体験済みなんだけど、最初の一歩が重い。

これを何とかしたい。

多分、勇気の問題だと思う。その一歩を踏み出す勇気。

どうすれば出せるのか。

 

とりあえず、今の課題に期限を決めるかな。

なぜ?

自分の行動が数字ではっきりと見えた。

あとは、その行動の目的を考える。

 

YouTubeを見るときは、暇つぶしが目的だ。

それと、やるべきことからの逃げもある。

なんとなくパソコンの電源を入れ、ぼーっと画面を眺めてることが多い。

 

そこから動き出すきっかけは、時間だな。

寝る時間から逆算して、風呂とご飯の準備を始める。

その日のタスクは一つも消えていないことが多い。

 

ゲームも同じだ。

オンラインで対人戦をするのが醍醐味なのに、いつもオフラインでしかプレイしない。

なぜなら、ビビってるからだ。

悪質なプレイヤーを怖がって、参加できない。これも逃げだね。

 

現実世界ならまだわかる。でも顔の見えないゲームでこれはいただけない。

 

まとめると

「逃げたい!」と、いうことだな。